大久保歯車工業株式会社は、事業活動を通して地球環境保護の重要性を認識し、“環境マネジメントシステム”を確立し、文書化し、実施し、地球環境保護及び環境負荷の軽減に努めます。当社は、歯車及び軸類及びこれらを使った各種動力伝達装置の開発・部材の調達・製造・出荷・サービスまでの生産活動を業務としています。

これらの活動とその結果の製品及びサービス活動の環境影響を少なくするために、以下の活動を推進します。


 

(1) 全ての活動・製品及びサービス活動について環境影響評価を行い、次の項目の中から“著しい環境側面を特定し、環境の保全、環境汚染の予防及び環境負荷の軽減について目的と目標を定め、これを毎事業年度の活動計画に盛り込んで推進します。

1. 電力及び天然資源燃料の使用量の節減
2. 化学物質による土壌汚染と工場排水による水質汚濁の防止
3. 廃棄物の削減と分別処理
4. 文書類他に使用する用紙の使用量の節減とリサイクルの推進

 

(2) これら目的と目標および活動成果は定期的に見直しを行い、環境影響の継続的改善に努めます。

 

(3) 適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項、規制及び地域社会との協定事項を順守し、必要に応じて自主基準を定めて管理します。

 

(4) この“環境方針”が当社の全ての従業員及び当社のために働く全ての人に理解され、実施され、維持されるために、次の教育と啓蒙活動を行います。

1. 全ての従業員又は当社のために働く全ての人が常に確認できるように、定められた場所に掲示すると同時に縮小簡略版を配布する。
2. 経営者及び管理者は、全社又は職場単位の朝礼・会議・教育等の場で周知徹底させる。
3. 内部環境監査及びレビューを行い、“環境マネジメントシステム”の有効性を評価し、また改善すべき問題点を明確にして是正処置又は予防処置をする。
4. 本“環境方針”は文書化し、一般に公開できるようにする。

 

大久保歯車工業株式会社
代表取締役社長 大久保 利昭

Copyright(c) OKUBO GEAR Co., Ltd. All Rights Reserved. Since 1997