社 是

私たちの まごころこめた歯車で 世界を大きく動かそう。

基本理念

私たちは人と人とのつながりを大切にし、限界を破る結集力と独自技術の創造で、夢を、喜びを、世界中のお客様と分かち合う。

行動指針

私たちは、運命共同体であることを胸に刻み、仲間とともに挑戦することに誇りを持ち、知恵を出し、意識を変え、心を変え、行動を変えて、素晴らしい会社をつくり続けます。そのために、以下の原則のもと行動します。

 

【成長】
私は感謝の気持ちを忘れずに自らが夢を描き、志を持って成長し続けます。

【顧客】
私は常にお客様の視点に立って喜ぶ姿を想像し、誠意と情熱を持って行動します。

【プロ意識】
私は常に仕事の価値とコストを意識し、主体的に行動し、最後までやり切ります。

【挑戦】
私はお客様の真の要求を理解し、新技術の情報収集・活用・研究に努め、果敢に挑戦し世界に飛び出します。

【破苦】
「掃く事は、心を清めることなり」 私は、この言葉を心に刻み、実践し語り継ぎます。

沿革

1938年2月 合資会社大久保鉄工所として東京都渋谷区にて創業
1943年12月 東京都世田谷区に工場を移転
1945年8月 自動車用歯車の製造に着手
1947年11月 大久保鉄工所を解散し、大久保歯車工業株式会社を設立
1950年12月 通産省より優良部品認定工場に指定
1956年1月 中小企業庁より第1回モデル工場に指定以後第5回まで連続指定
1960年5月 歯車品質向上のため国内初のガス浸炭焼入炉を導入
1968年4月 厚木工場の機械工場3,300㎡、熱処理工場858㎡の建設完了
造機・油圧部門を厚木に移転 操業開始
1968年4月

第2期工事完了
全設備の移転を完了し操業開始
機械工場6,600㎡、機器工場2,475㎡、技術研究所1,914㎡

1971年3月 大型農業機械のトラスミッション(T/M)を設計
北米へT/Mギヤの輸出開始
1971年7月 カービックカップリング、精密歯研歯車等、精密部品製造用に恒温設備を完備した精機工場建設
1974年11月 厚木第2工場に1,188㎡の組立工場と4,620㎡の機器工場建設
1975年8月 厚木第1工場へ本社移転
1981年5月 厚木第2工場に3,036㎡の機械工場建設
1985年5月 厚木機器工場で建設機械用大型ステアリングアクスル生産開始
1988年6月 厚木第1工場に1,646㎡の歯切工場建設
1989年7月 厚木第2工場に556㎡の実験棟を新設し耐久テスト装置等を増強
1989年8月 厚木第1工場に連続式ガス浸炭焼入炉を新設
1991年2月 ディーゼル4社と共同開発の超低床用バス用アクスル納入
1991年3月 厚木第2工場に組立工場を増設

売上推移

Copyright(c) OKUBO GEAR Co., Ltd. All Rights Reserved. Since 1997